大事に使って長く楽しむ!アンティーク家具のお手入れ方法

日常的に行うお手入れ

アンティーク家具は、日頃からこまめにお手入れをすることで、いつまでも綺麗な状態で使い続けることができます。日常的に行うお手入れは、決して難しいものではありません。部屋の掃除をするついでに、柔らかな布で乾拭きするだけでOKです。アンティーク家具は水に弱いため、濡らした布で拭くことは避けましょう。乾拭きでは十分に汚れが落ちないという場合には、水に濡らした布をしっかり絞ってある程度水気をなくしてから拭きます。水拭きした部分は、後から乾拭きして水気を取っておくことが大事です。水拭きの際に洗剤などを混ぜてしまうと塗装が剥がれたり変色する恐れがあるため避けるようにします。また、アンティーク家具は熱にも弱いため水拭きの際にはお湯を使わないようにしましょう。

定期的に行うお手入れ

表面の光沢をキープするために、アンティーク家具は定期的なワックスがけが必要になります。天然の蜜蝋などを使用すれば、元の塗装に馴染んで自然な風合いに仕上がるのでおすすめです。ワックスは、木目に沿って塗ることでムラなく綺麗に広げることができます。ワックスがけの際には、柔らかい布を使用するようにして下さい。しっかり乾燥させた後で乾いた布を使って仕上げ拭きをすれば、アンティーク家具ならではの光沢が生まれます。

目立つ傷ができてしまったら

アンティーク家具を使用していく中で、目立つシミや傷ができてしまうのは仕方がないことです。そういった時には、専門の修理工房で新たに塗装を施してもらいましょう。プロの技を駆使して元の状態を再現してもらうことができます。傷みが軽い段階で修理しておくことは、アンティーク家具自体の寿命を延ばすことにも繋がります。

アンティーク家具の人気が高まっています。通信販売で購入することもできますので、ソファーやテーブルなど、欲しい家具をピンポイントで探せます。