古着はいつ買取してもらう?どんな状態で持って行く?

シーズン前に売りに行くようにする

下着の中には1年を通して着るものもあります。しかし下着以外は大抵季節ごとに着るものが変わります。Tシャツや薄手のシャツは夏がメインですし、コートやセーターなどは冬がメインになります。春や秋は気温によって着るものを分ける時もあります。もし古着を買取に出すのであれば、売る側の気持ちになってみましょう。出す方からすると、そのシーズン着つくしてから出そうと考えるかも知れません。冬物なら冬が終わった春等に売ろうと考えます。しかし買取る方からすると、これから暖かくなるので冬物は在庫になりやすくなります。買取拒否やかなり値段を下げられます。冬物を買取してもらうなら、秋から遅くとも冬の始めぐらいにします。中ごろになると買取価格が下げられます。

そのまま売れる状態で持って行く

家電製品などをリサイクルショップに持って行くとき、故障していても修理は不要といわれます。修理をするのにお金がかかりますが、お金をかけるだけ買取価格がアップするわけではないからです。買取店で修理やクリーニングをするので、そのままの状態でも価値があるものなら買い取ってくれます。では古着を買取ってもらうときはどうするかです。持って行った時にそのままお店に出しても問題ない状態が理想です。洗濯で落ちる汚れがついていたり、汗臭いにおいがついていればかなり印象が悪くなります。買取拒否される可能性もあります。買取後に選択をするところもあるでしょうが、きれいな状態ならそのまましわなどを取って並べるところもあります。アイロンがけなどをするとさらに印象が良くなります。

着なくなった衣服を処分するなら古着の買取があります。再販可能と判断されれば現金と交換することができます。