猫の習性と去勢、避妊手術のアドバイスです

猫は単独でも生活できる動物です。

ペットの中でも猫は、柔らかい被毛としなやかな美しい体が特徴になっており、とても愛らしい動物です。犬とは違う性質を持っている動物なので、きちんと習性を理解して飼育をしなければなりません。猫は単独でも生活ができる動物なので、新しい家族を迎え入れる時は先住の猫にストレスを与えないように、最初は部屋を別に飼育をしたほうが良いでしょう。慣れてくるとゲージ越しなどに顔を合わせてあげるようにして、少しずつ慣らすことが大事です。トイレは飼育している数だけ揃えてあげるのがお勧めです。猫はとてもきれい好きな動物なので、トイレが汚れておると排泄を我慢してしまうので、泌尿器系などの病気の原因になるので注意をして下さい。糞尿はこまめに取ってあげて下さい。

繁殖を望まない場合は去勢、避妊が必要です。

猫は妊娠率の高い動物なので、繁殖を望まない場合は去勢、避妊を行う必要があります。生後半年ぐらいになると性成熟をするので早めに動物病院の獣医師に相談をして下さい。動物病院では手術が可能なのか体重測定をしたり、健康状態を確認してくれます。オスの場合は日帰りが一般的ですが、メスの場合は腹部を切開するため入院が必要になります。メスの場合は避妊手術後は抜糸をする必要があるので、一週間後ぐらいに通院をすると良いでしょう。去勢、避妊手術を受けた当日は水やフードの量は、控えめにしてあげて下さい。オスの場合は手術の時間が短いので、健康面では問題ないことが多いですが、手術後に元気がない場合は獣医師に診察をしてもらいましょう。

ペットショップを通さない専門ブリーダー直販店などが東京都には集中しており、子猫販売なら東京都がおすすめです。