知っておいた方がいい!犬を飼う際に気をつけること

暑い所に放置しない事

昨今、かわいい、一緒にいると癒されるなどの理由で犬をペットとして飼う人は多くいますよね。ただ犬を飼うに当たり、意外と気をつけなければいけないことが多くあります。そのひとつが、犬を暑い場所に長時間放置してはいけないということです。実は、犬というのはあまり知られていませんが、非常に暑さに弱い生き物です。寒い場所には強いのですが、暑い場所に長時間いると脱水で亡くなってしまう恐れもあります。特に日本の夏は高温多湿なので、車の中に長時間放置したり、強い日射しが当たる場所に犬小屋を置かないほうが良いです。なるべく風通しが良く、涼しい場所に犬小屋を設置して、夏はこまめに水分を補給してあげるといいでしょう。

犬と一緒に寝ない方がいい

愛犬がかわいすぎるあまり、寝る時に一緒のベットで寝ているという方は多くいらっしゃいます。ただ犬と一緒に寝る事は、衛生面・健康面において良くないと言われています。そもそもペットから人にうつる病気は、およそ30種類程度もあるからです。つまり、感染症にかかっている愛犬と一緒に寝てしまうと、知らず知らずのうちに病原菌が寝床に付着して感染してしまうというわけです。感染症は早めに治療すれば大丈夫ですが、重症化してしまうと治療が長引いてしまいます。特に免疫力が低い赤ちゃんや高齢者が感染すると重症化する可能性が高いので、注意が必要です。
それと、ペットと一緒に寝ると、人間よりも自分の方が強いと勘違いされてしまう可能性があります。すると、普段の生活の中で犬のわがままが助長される事に繋がります。よって、犬専用の寝床を準備して寝かせることが大事です。

子猫といってもだんだん成長して大人になります。その時に、その家で買うことが出来るのかを見極めることが子猫販売の注意点となります。